タクシー運転手

タクシー運転手は、どの年齢でも働きやすい

運転は好きだけど、タクシー運転手は、運転に物凄く高いスキルが求められて、ハードルが高いと思っていませんか。実はタクシー運転手はどの年齢層でも働きやすい職業なのです。タクシー運転手は、普通自動車第2種免許を必要としますが、普通自動車台1種免許(一般の運転免許)を3年以上所持していれば、タクシー会社に就職してから取得することができます。

タクシー運転手の仕事は乗客の送迎のほか、体が不自由な乗客の場合、乗り降りを手伝うこともあります。また、大きな荷物を、トランクに入れる手助けをしたりします。観光タクシーでは道をよく把握するだけでなく、簡単な観光案内を必要とします。外国人観光客が多くなってきているので、英語を話すことができると重宝されます。

タクシー運転手は勤務時間の融通がききやすい

タクシー運転手の勤務は、ほとんどがシフト制です。昼勤務よる、夜間勤務、隔日勤務と3体系あって、1勤務最大21時間の拘束の後は、次の勤務まで20時間の休養が必要とされます。また、1回の業務につき、3時間の休憩をとるように決められています。出勤してから、アルコール検査など会社の手続きが終わったら、運転業務となります。運転手は個人の活動となりますので、タクシーを待つ乗客が多いところを把握していたり、道に精通していると、自分の裁量でどんどん稼ぐことができます。ちなみに賃金は大部分の会社が歩合制を取っています。

タクシー運転は組織でなく個人の活動になるので、いいことばかりでなく思いもよらない困った経験をするかもしれませんが、人と接するのが好きならおすすめの仕事です。

運転手の求人は、普通自動車運転免許か大型自動車運転免許があれば応募出来るケースがほとんどです。営業用のタクシーやバスに乗るための二種免許は、採用後の試用期間中に取得する事が可能となっています。