長距離トラックのドライバー

片道300km以上を走るのが長距離ドライバー

長距離ドライバーの求人は多いですが、実際にどの程度の距離を運転すると長距離ドライバーと言われるのでしょうか。厳密に決まっていないものの、指定先までの片道距離が300kmを超えて運転するケースが長距離ドライバーと言われています。求人の多い長距離ドライバー、未経験者でも条件さえクリアしていればなれると言われています。大型免許所持していれば、未経験者でもOKという企業が多いようです。また、長距離ドライバーで働いた経験は無いけれど、短距離・中距離ドライバーの経験はあれば応募可能という求人もあります。長距離ドライバーとして働きたいけれど、自信が無いという人はまず短距離・中距離ドライバーとして経験を積んでから挑戦するのもおすすめです。

長距離ドライバーの魅力とは

長距離ドライバーとして働く魅力としては、やはり給料の良さが挙げられます。長距離ドライバーの平均的な給料は月収30万円から60万円で、年収は400万円から750万円ほどと言われています。同じトラックドライバーでも短距離・中距離ドライバーとなると、月収25万円から40万円、年収は300万円から500万程度と長距離ドライバーと比べると金額は下がります。より運転する距離が短い短距離ドライバーとなると、さらに金額は下がると予想されます。片道300km以上運転するなど体力的にもきつく、安全にそして確実に貨物を指定の場所まで運ぶという責任の大きい仕事ではあるもののその分、長距離ドライバーは得られる給料が他のドライバーと比べると格段に高い給料を得られます。

軽トラックなどの小型車両を使う運送業の求人は拘束時間が短く、給料も歩合制を取っている所が多い傾向があります。賃金は運送業の中では安い部類ですが、短時間勤務が可能なので主婦のパート業務に最適です。