配送トラックのドライバー

会社の営業規模で仕事の内容も変わる

配送トラックの仕事は指定された場所に荷物を届ける作業の繰り返しが基本です。仕事内容そのものは難しくありませんが、会社の営業規模で移動距離や荷物の上げ下ろしの回数が大きく変わります。遠隔地への配送を主軸に置いた会社なら大型トラックを長時間運転することが多くなり、特定の地域内の配送を行う会社の場合は小型トラックで何度も同じルートを行き来することになります。どちらの仕事も長所と短所があるので、自分に合った仕事を選ぶのが配送ドライバーとして長く働くためのコツです。しかし、安全第一を厳守すると共に、労働関係の法律も守る優良な会社で働くことが最も重視すべき条件であることは変わりません。そのため、求人広告を読む際はその点に注意することを心がけます。

配送の仕事はトラックの運転以外にも多くの技能が要求される

配送の仕事はトラックを運転するだけの簡単なもの、というイメージが世間には根強く残っています。トラックを運転するのは事実ですが、実際の配送業はそれだけに留まりません。仕事を効率的に進めるため、様々な技能を習得する必要があります。配送の仕事において預かっている荷物を適切に扱うことは非常に重要です。配送中に荷崩れが起きないように荷物の積み方や固定の方法を正しく学ぶ必要があります。また、荷物の積み下ろし作業も基本的にはドライバーの仕事です。フォークリフトやトラックに付属している小型クレーンの技能講習を受け、安全に操作ができるようにならなければ配送ドライバーの仕事は務まりません。トラックの免許だけではなく、様々な技能を習得するのが一流の配送ドライバーとしての心得なのです。

運転手の募集職種は、タクシー・配送・大型バス・役員運転手と多岐に渡っています。夜勤業務も多いので、心身ともにタフな人がこの仕事に向いているでしょう。